ひだから食堂、第2弾。ヤマベの天むす。

月1回(今のところ、冬季のみ開催ですが)のコミュニティ食堂「ひだから食堂」。本日は、第2弾。

前回は、材料費を日高町地域活性化協議会の予算で負担していただいたので、お越しいただいた方々にはアンケートにご協力をいただくということで、無料で提供しました。
が!今回は、日高町・千栄地区の女性のグループ「チロロ」主催で開催のため有料でのご提供。
*チロロは、「自分たちの時間、資金で無理なく、楽しめることをやる!」というコンセプトで集まっています。

「今回は、そんなに来ないよね〜、きっと」「残ったら、昼ごはんと晩ごはんにするか!」そんなおしゃべりから始まりました。
朝、天気が良くて一安心でしたが、この時期には珍しいシバレ。



千栄はマイナス22℃。

開店の11:00前から、少しずつ人が来ていて、ちょっと安心したのも束の間。
11:00に、ドーッと人が増えました!
天むすは、あっという間になくなり、定食も次から次へと注文が。
11:40頃には、用意していたものがほぼ売れてしました。
写真をゆっくり撮る間もなし....

ヤマベの天むすは、料金設定に悩みましたが、ヤマベの仕入れ価格、ご飯も味をつけて炊いていること、ボリュームがあること(ご飯150g)から、300円という価格をつけました。

後から聞くと、この小さなヤマベになるまで、1年間もかかるのだそうです!
1年間、餌をあげて育て、きれいに開いて揚げて、甘だれをつけて、この天むすになるのか〜と思うと、有難い気持ちに。


日高では、名物とあって、ヤマベは、釣り堀や、飲食店で提供されているので、身近な食材ではあります。でも、前回のひだから食堂のアンケートを見ると、町外や道外の方々にとっては、珍しいもので、しかも、川魚なのに臭みがない!と、大変いい評価をいただいていました。

早朝からの仕込みに、バタバタの開店で、すっかりクタクタでしたが、それ以上の達成感。

家に帰る頃には、シバレから始まった快晴の1日の終わり。

湖のようですが、牧草地(笑)。



「ひだから食堂」第3弾は、3月13日(月)です!
次回は、天むすも定食も、たくさん準備します!

+++++++++++++++++++++++++++++++++
北海道・鵡川ラフティング&沙流川のラフティング
北海道の修学旅行でラフティング
HOA北海道アウトドアアドベンチャーズ
Facebook
Twitter
-----------
Rafting in Hokkaido ! Whitewater Mukawa River & Saru River
English Speaking Backcoutry Ski & Snowboad guide in Hokkaido Japan
Asahidake, Furanodake, Kurodake, Daisetsuzan
HOA Hokkaido Outdoor Adventures
北海道・泛舟:鵡川&沙流川
HOA 北海道戶外冒險玩家活動中心

+++++++++++++++++++++++++++++++++

Comments

Popular Posts